福祉用具レンタル

介護保険で利用できる額について

福祉用具レンタル費用は対象品目によって異なります。

また要介護度別に1か月間の支給限度額が決まっているため、他の介護サービスとの組み合わせの中で限度額に応じた福祉用具をレンタルする必要があります。

介護度によっては、レンタルできる品目、できない品目がありますので、ケアマネージャーにご相談ください。

利用できる福祉用具について

介護保険の対象となる福祉用具貸与は、以下の13品目になります。
(1)車いす (2)車いす付属品 (3)特殊寝台 (4)特殊寝台付属品
(5)じょくそう予防用具 (6)体位変換器  (7)手すり(工事を伴わない)
(8)スロープ(工事を伴わない)(9)歩行器 (10)歩行補助つえ
(11)認知症老人徘徊感知機器 (12)移動用リフト (13)自動排泄処理装置

特定福祉用具販売

介護保険では、介護用ベッド、車いす、歩行器などはレンタル対象ですが、入浴、排泄に関連した福祉用具は、購入費の支給対象となります。(一部例外あり)
1年度に10万円までが1割(一定所得以上の方はは2割)負担で購入できます。

まずはケアネジャーにご相談ください。

ポータブルトイレ

高齢になると夜間、排泄が頻繁になりがちです。寝室からトイレが遠い場合、また介護なしでは不安な方、ベッドの近くにあれば安心です。

● 足腰の弱っている高齢者
● 骨折など一時的な障害や病気の方
● トイレまでは行けるが間にあわず、尿を漏らしてしまったり、尿を我慢できない方などに。

入浴関連商品

シャワーチェアー バス用手すり 浴槽台 浴槽ボード すのこ

介護保険以外の商品も取り扱っています。

住宅改修

心身の機能の低下に伴い、手すりの取付けや段差の解消など室内を移動しやすいようにしたり、転倒を防止したりするために住宅改修を行います。
給付額は 原則生涯1回上限20万円で 利用者の自己負担は1割(一定所得以上の方は2割)です。
福祉環境コーディネーター・福祉用具専門相談員・2級建築士がご相談に応じます。

以下は住宅改修費の支給を受けられる改修内容です。
●手すりの取り付け

●段差の解消

●和式便器から洋式便器への変更

●開き戸から引き戸への変更

●床材の変更

などの住宅改修があります。

介護保険給付

福祉用具レンタル・特定福祉用具販売・住宅改修など、介護保険でのご利用には、必ずケアマネジャーにご相談ください。